日本護身用品協会
協会ブログ
  << 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 カテゴリ
● 新着記事

□ 記事の書庫
2011年12月
2011年10月
2011年11月
 記事詳細 [一覧表示へ]
護身用品の悪用はほんの一部の特殊事例です
カテゴリ:

護身用品は身を守るための道具です。護身用品は身の回りに危険が迫った時に正当防衛として身を守るために使用します。しかし護身用品は強力で確かな性能であればあるほど武器にもなり得ます。護身用品が相手に危害を与える武器なのか、自分を守る護身用品なのかはまさに表裏一体であり、使用者次第とも言えます。



スポーツ用品のバットや台所用品の包丁でも同じですが使い方によっては凶器になり得ます。護身用品をどのように使用するのか、使用目的は使用者のモラルにかかっており、悪用される事例があるのも事実です。私たちがテレビや新聞で見聞きする護身用品を使用したケースは悪用した事件が大半です。それでは護身用品を実際に購入する人は悪用者が多く、適切に正当防衛として使っている人はいないのかと言うとそういう事はありません。むしろ大多数の方が我が身を守る備えのために購入しています。なぜ悪用した事件ばかりがニュースになるのか、それは護身用品を使って自己防衛に成功した場合には事件にならないからです。そしてマスコミ(特にニュース)では事件の報道が主となりますので、当然ながら悪用した事件が耳に届くわけです。当協会加盟店の実例では年間の顧客数3000名に対し、悪用による警察照会案件は平均的に年間3〜5件です。この数値からもわかる通り護身用品ユーザーの大多数は護身用品を適切に運用しています。



私たちの周囲には希に「護身用品は悪いもの」と偏見を持っている方がいます。そういった方は身の危険を感じた事がないか、万が一の危険への対処を全く考えてない人です。もし目の前に不審者が現れ襲ってきたら、就寝中に強盗に侵入されて殺害されそうになったら、凶器を持った相手と対峙して命の危険を感じたら、こういった万が一の時に何の訓練もしていない私たち一般人が相手に対抗して自分の命を守るには護身用品しか手段がありません。命に危険が迫った時、素手での抵抗はほぼ不可能です。また、よく知りもせず「護身用品は危ない」などとアドバイスする方もいますが、相手と一対一で対峙して相手を撃退できる道具ですからそれなりの威力があるのは当然で、威力がないと逆に問題です。危なくなく安全な護身用品では相手を撃退できない事は考えれば誰でもわかります。素手ではとても凶悪な相手に対処できない、そんな時に私たちに素手以上の強力な作用で相手を確実に撃退できるのが真の護身用品です。それなのに単純に「危ない感じがするから使うな」というアドバイスは言い換えると「万が一の時は素手で戦いなさい」と言っているのと同じで現実的ではありません。護身用品が危ないと思っている方、護身用品は悪用が前提だと勘違いされている方は、今一度冷静に「たった一人で危険に対処して命を守る方法」についてよく考えてみるようにして下さい。



(K)


コメントはありません。



Copyright © 2005 Chama-Net.Allrights reserved.