「協会2013年 決意表明」では多くの賛同を頂き有り難うございます


先般トピックスで公開しました「日本護身用品協会2013年決意表明」では関係各所を始め日本中の多くの方々から多大なる賛同と激励を頂き誠に有り難う御座いました。

日本護身用品協会2013年決意表明の中でも特に「当協会は断じて立ち位置を曖昧には致しません。日本人による日本人を守るための協会です。」という言葉には、以下を代表とした多くの賛同が寄せられました。

<賛同・激励の声抜粋>

  • 一部勢力の批判などに動じない勇気ある表現が素晴しい。
  • 日本人として誇りに思う。
  • とても有り難い。
  • 嬉しさが込み上げてきた。

この他にも沢山のメッセージを頂戴しましたが、割愛させて頂きます。

日本護身用品協会の日本人を守るという決意と責任感を、日本全国の多くの方々に高く評価して頂き、協会としましても大いなる使命感と責任感で身の引き締まる思いです。護身用品業界の適正化と本物の護身用品認定を通し、日本人の安全をしっかりと確実に守って欲しいという皆様の声を真摯に受け止めております。

次回トピックスで「ニセ物・まがい物」はどういう物か具体的に公表いたします。

前述の激励や応援を頂きました際に現在日本国内で流通販売されている「ニセ物・まがい物」のスタンガンや催涙スプレーはどういう物かと多くの質問がありましたので、商品名を公表した上で詳しく説明いたします。

日本護身用品協会は今後とも皆様のご期待に応え、皆様と共に護身用品業界を正しく導いていく使命を全うするため更なる決意で活動して参ります。有り難う御座いました。