受取拒否・受取放置に関する規約

全国の日本護身用品協会加盟店において、通信販売における代金引換便での受取拒否および受取放置被害が相次いでいます。 この問題を受け、日本護身用品協会では受取拒否・受取放置被害から加盟店を守るため、購入者が護身用品注文時に負うべき責任についての規約を定める事を決定しました。 受取拒否 受取拒否とは、注文者が商品を注文したにも関わらず、配達された商品の受取りを拒否する案件を指します。 こういった場合、運…

続きを読む

護身用品販売規制の条例化推進を決定

日本護身用品協会が強力に推進する「護身用品悪用の撲滅」 護身用品は人間を行動不能にする十分な能力を有した武器であり、相手に致命的なダメージを与えない非殺傷武器です。 護身用品は高い撃退能力を有しているため、使い方によっては悪用されてしまう恐れがあります。護身用品の悪用は護身用品業界における最大のリスクであり、正当な使用者が身を守るために必要不可欠な護身用品が、悪用される事によって罪のない人々に危害…

続きを読む

理事任期更新及び協会費徴収開始延期のお知らせ

2012年4月1日に日本護身用品協会が発足し2年が経過しました。 これに伴い2014年4月1日に理事会を招集し、次の内容を決議しましたのでここに告知します。 決議内容 日本護身用品協会理事の任期更新 日本護身用品協会会費徴収開始時期の延期 以下にそれぞれの具体的な内容を報告します。 1.日本護身用品協会理事の任期更新 日本護身用品協会会則第7条により、理事の任期は2年と定められています。この事から…

続きを読む

尖閣諸島における軍事衝突への備え来日、在日中国人への護身用品販売自粛を実施

現在、尖閣諸島及び周辺海域では「存在しない領土問題」による中国の身勝手な主張と行動によって緊張が高まっています。このまま中国の挑発行為がエスカレートすると、局地的な軍事衝突に発展する恐れがあります。 一方、日本国内に目を向ければ、日本に永住する在日中国人と中長期在留中国人は70万人を越えます。これら在留中国人は、日本と中国が軍事衝突を起こした場合、暴徒と化し日本人に危害を加える恐れがあります。暴動…

続きを読む

初心者の方へ

護身用品とは非殺傷武器である 催涙スプレーやスタンガンなどの護身用品は、日本国内で合法的に購入し所持できる唯一の非殺傷武器です。護身用品とは読んで字の如く身を守るための道具ですが、これは目的と用途を表しているに過ぎません。護身用品とは何なのか、これを厳格に表現すると「非殺傷武器」となります。 日本護身用品協会では「護身用品とは非殺傷武器である」と定義しています。 非殺傷武器とは 非殺傷武器は非殺傷…

続きを読む

スタンガン豚皮貫通テストのトリックにご用心

豚皮の貫通とスタンガンの威力は無関係です。 この件について問い合わせが多いため、詳しく解説します。 素人や初心者は豚皮を貫通すれば強いと勘違いしていまいますが、事実は違います。 トリック動画に騙されてオモチャスタンガンを選ばないよう注意してください。 (図1)豚皮貫通テスト動画の結果比較図 豚皮の貫通 ○ × 貫通時の電流 微弱 × スパーク × ○ 人体への効果 微弱 × 威嚇効果 × ○ 護身…

続きを読む

パチンコ業界のニセモノ護身用品の排除が完了しました

パチンコ業界部備品商社のほぼ全てが加盟しました 平成25年2月1日に株式会社光新星が日本護身用品協会に加盟しました。これによりパチンコ業界部備品商社のほぼ全てが日本護身用品協会の加盟店となりました。下記の加盟店の配下には全国各地に支店・営業所・二次商社があり、その営業拠点の総計は数100箇所に及び全国のパチンコ店舗を100%カバーしています。 各商社は日本護身用品協会に加盟することで日本護身用品協…

続きを読む

TMM 護身用品実践型セミナー&コンサルティング開始

日本護身用品協会公認の護身用品実践型セミナー 護身用品実践型セミナーは、護身用品の実戦での正しい使い方を指導するため、日本護身用品協会加盟店である株式会社ティエムエムトレーディングが主催する護身用品セミナーであり、日本護身用品協会公認のセミナーです。講師は日本護身用品協会の会長であり、日本護身用品協会公認講師であるTMM社の寺田社長です。寺田社長は、過去30年以上に渡り全国のプロの業界にセミナーを…

続きを読む

日本護身用品協会 ボランティア宣言

日本護身用品協会の活動に伴う費用は、全て日本護身用品協会理事一同及び協賛する協会加盟メーカーの寄付や、無償活動によって賄われています。日本護身用品協会は今後も未来永劫に渡り、全ての理事、加盟店及び協賛メーカーがボランティアとして活動を続ける事をここに宣言します。 日本護身用品協会は加盟店に対し、会費として年額3000円を徴収します(但し2018年度「2018.4.1~2019.3.31」から実施し…

続きを読む

「協会2013年 決意表明」では多くの賛同を頂き有り難うございます

先般トピックスで公開しました「日本護身用品協会2013年決意表明」では関係各所を始め日本中の多くの方々から多大なる賛同と激励を頂き誠に有り難う御座いました。 日本護身用品協会2013年決意表明の中でも特に「当協会は断じて立ち位置を曖昧には致しません。日本人による日本人を守るための協会です。」という言葉には、以下を代表とした多くの賛同が寄せられました。 <賛同・激励の声抜粋> 一部勢力の批判などに動…

続きを読む