熊よけスプレー、ツキノワグマ専用の推奨スプレー - 日本護身用品協会

2016年は全国で熊の被害が頻発しています。 全国的な熊被害の拡大に伴い、日本全国から当協会に対し、熊よけスプレーの適用や選定、安全性など多くの問い合わせが寄せられてます。熊よけスプレーは熊を撃退できる有効な手段であり、熊対策を行うにあたって熊よけスプレーの理解は重要です。 今回は当協会のトピックス「熊よけ(ベアー)スプレーの実態及び危険性の勧告」を参照しながら、熊よけスプレーについて改めて説明す…

続きを読む

護身用品販売規制の法制化に向けて署名活動を開始

この度、日本護身用品協会では護身用品販売規制の法制化に向け、署名活動を開始しました。 当協会は、日本国内における護身用品の悪用に起因する犯罪を根絶するため、警察庁に対し、護身用品販売規制の法制化を求めています。 販売規制法制化の早期実現のため、当協会では広く国民の皆様に護身用品販売規制法制化について賛同と署名をいただき、集まった署名を警察庁へ提出することで、法制化の実現に向けて具体的に働きかけます…

続きを読む

護身用品販売に関するガイドライン

はじめに 本ガイドラインは、当協会が日本国内における護身用品販売の適正化と社会安全維持のために策定したガイドラインです。護身用品の販売に従事する者は、必ず本ガイドラインを遵守してください。 当協会は本ガイドラインの法制化を目指します。 目的 本ガイドラインの目的は次の通りです。 護身用品の悪用防止 護身用品のトレーサビリティ 護身用品の悪用防止 護身用品は強力な非殺傷武器であり、悪用を防がなければ…

続きを読む

加盟店審査と認定

私たち日本護身用品協会は、国内の護身用品販売店における日本護身用品協会加盟の可否について、厳正な審査を行っています。本トピックスでは、日本護身用品協会の加盟店審査内容とその趣旨について詳しく解説します。 厳格な加盟審査が必要な理由 日本護身用品協会認定の護身用品は、相手を撃退できる性能が確約された合法的かつ強力な非殺傷武器です。アメリカのように護身用の銃の所持が認められていない日本では、護身用品は…

続きを読む

日本護身用品協会認定のスタンガンとは

日本護身用品協会では護身用品の認定基準を独自に設け、護身用途に使用できる護身用品を審査・認定しています。護身用品は人命を左右する重要な製品であるため、個々の製品を公正かつ厳格に判断する基準は重要です。 本トピックスでは、日本護身用品協会認定スタンガンについて詳しく解説します。 スタンガンの認定業務 スタンガンは高電圧を発生させ、相手を感電・撃退する非殺傷武器(護身用品)です。確かなスタンガンは護身…

続きを読む

当協会は防護盾型スタンガンを推奨します

2016年3月28日に、福岡県の不動産事務所に斧のようなものを持った男が押し入り、店員を次々と切りつける殺人未遂事件が発生しました。今回の事件を受け、日本全国の不動産業者から当協会に対し、事務所窓口で暴漢に対処できる護身用品はどのようなものが良いのかという問い合わせが多数ありました。日本全国の窓口業務防犯に対する不安感の高まりを受け、当協会として窓口業務の保安と安全確保のために推奨する護身用品を、…

続きを読む

当協会認定護身用品を生産するTMM社が2016年1月より【週休3日制】を実施すると発表しました。

当協会認定護身用品を生産する株式会社ティエムエムトレーディング(TMM社)より、営業・定休日について以下の通り報告がありましたので、ここにご通知申し上げます。 実施する時期 2016年1月より TMM社からのコメント 更なる品質・サービスの向上を目指します。また、休業日(金・土・日)でありましてもメールでの連絡・お問合せには極力対応させて頂きますので、加盟店様には何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願…

続きを読む

当協会認定催涙スプレー供給再開のお知らせ

当協会認定催涙スプレーを生産する株式会社ティエムエムトレーディング(TMM社)より、催涙スプレー生産の再開について以下の通り報告がありましたので、ここにご通知申し上げます。 内容 催涙スプレーの供給再開 再開となる製品 全ての催涙スプレー製品 再開する時期 2015年11月30日より 詳細 同社の米国生産工場において、火災焼失した生産ライン設備の新規建設工事が完了するため。 同社によると、2015…

続きを読む

当協会認定催涙スプレー供給一時停止のお知らせ

当協会認定催涙スプレーを生産する株式会社ティエムエムトレーディング(TMM社)より、催涙スプレー生産の停止について以下の通り報告がありましたので、ここにご通知申し上げます。 内容 催涙スプレー全製品が一時生産停止となる 生産停止となる製品 全ての催涙スプレー製品 生産停止見込み期間 2015年8月〜2015年12月 生産停止理由 同社の米国生産工場において火災事故が発生し、生産ライン設備の工場建屋…

続きを読む

受取拒否・受取放置に関する規約

全国の日本護身用品協会加盟店において、通信販売における代金引換便での受取拒否および受取放置被害が相次いでいます。 この問題を受け、日本護身用品協会では受取拒否・受取放置被害から加盟店を守るため、購入者が護身用品注文時に負うべき責任についての規約を定める事を決定しました。 受取拒否 受取拒否とは、注文者が商品を注文したにも関わらず、配達された商品の受取りを拒否する案件を指します。 こういった場合、運…

続きを読む