スタンガン豚皮貫通テストのトリックにご用心


豚皮の貫通とスタンガンの威力は無関係です。

この件について問い合わせが多いため、詳しく解説します。

素人や初心者は豚皮を貫通すれば強いと勘違いしていまいますが、事実は違います。

トリック動画に騙されてオモチャスタンガンを選ばないよう注意してください。

(図1)豚皮貫通テスト動画の結果比較図

豚皮の貫通 ×
貫通時の電流 微弱 ×
スパーク ×
人体への効果 微弱 ×
威嚇効果 ×
護身用判定 × 使用できない ○ 適している
総合評価 空中放電用電極の間隔が広いため電流は豚皮を流れる。結果として電流は微弱で撃退性はなく、相手を逆上させる恐れが高い。スパークも発生しないため威嚇効果も皆無である。 空中放電用電極の間隔が狭いため電流は空気中を流れスパークが発生。無駄な電流貫通を避け、スパークを発生し大きな威嚇力を発揮する。同時に使用者は貫通していない事が明確にわかる。

豚皮を重ねた貫通テストは威力とは関係ない

まず図1をよく見てください。

スタンガンの内側電極のすき間の違いによって、AとBのような違いが現れます。

A、B両者の違い

  1. 電気が豚皮を貫通して空中スパークしない。
  2. 電気が豚皮を貫通せずに空中スパークする。

両者の違いを決定付けるのは「内側電極の距離」です。

この理屈は、護身用品の専門家であれば誰でも理解している事です。

素人や専門知識のない販売業者は、貫通実験の動画を目の当たりにすると恐らく「豚皮を貫通したから強いに違いない」と勘違いしてしまうことでしょう。これは大きな誤りです。

どちらがいいのかは一目瞭然です

豚皮貫通の現象を整理すると、両者の違いは次の通りです。

豚皮を貫通したから強いと勘違いしているスタンガン(A)

【勘違い】
貫通したから強いに決まってる。
【本当は】
貫通した結果、威力が弱くて相手を倒せず逆上させて危険。
スパークも発生しないので相手にとって恐怖感ゼロ。

豚皮を貫通しないから弱いと勘違いしているスタンガン(B)

【勘違い】
貫通しないから弱い決まってる。
【本当は】
微弱電流では撃退ダメージゼロなので無理な貫通はしない設計。
十分なダメージ力を得られなければスパークを発生させたほうがはるかに有効。
相手は電撃を受けずともすさまじいスパークで恐怖感を感じる。

このように結果からわかる実際の状態を理解し、比べると一目瞭然です。

  • 弱々しく電気を流し、恐怖感ゼロで相手を倒せず逆上させるスタンガン
  • 十分なダメージで相手を倒し、威嚇スパークで恐怖感を発揮するスタンガン

この両者のどちらの方が護身用途として使用できるのか、考えるまでもなく後者です。なぜなら前者は護身用品としての役割を全く果たせてないからです。もちろん当協会が認定しているスタンガンは全て、後者の「護身用として使用できるスタンガン」です。

専門的な解説

ここでは少し詳しく説明します。意味がわからない方は無理に読む必要はありません。

【豚皮を挟むと威力が極端に弱くなる理由(A)】
豚皮を挟んだことによって電路上の電気抵抗は数倍に増大します。電流は抵抗に反比例するため電流値は数分の一に低下します。その結果、人体に届いて流れる電流はごくわずかという事になります。さらに豚皮によって電圧の分圧も起こりますので人体にかかる電圧も数分の一になってしまいます。電流も電圧も大幅に低下してしまうということです。電流値の弱いスタンガンはこれまで何度も実験を実施しましたが、丁度電気肩こり治療器のような感じです。豚皮を挟んだときのスタンガンも、恐らく同じような感じだと推測できます。
【豚皮を挟むと空中スパークする理由(B)】
電気は最も電気抵抗が少ない経路を流れます。そのためスタンガンの電流は、空中放電の電極間隔が狭いスタンガンでは豚皮を貫通する前に、空中放電用電極の間にある空気を通って流れます。これは電気の基本です。威力が弱いから豚皮を流れないという理屈は全くナンセンスであり、単に電気抵抗の少ないルートを流れるだけです。豚皮を流れず空中スパークを発生するスタンガンは、そうなるように空中放電用電極のすき間がセッティングされているということです。

注意してください

今回の豚皮トリックは、一般の方が見ると勘違いしてしまう可能性があります。

護身用品は万が一の時に生死をも左右する重要なツールです。このような簡単な勘違いをしてしまっても、万が一のときには効かなかったでは済まされません。護身に失敗は許されないのです。これは皆様の安全だけにとどまらず、命に関わる重大な問題です。

スタンガンの善し悪しを見分けるための最大のポイントは「日本護身用品協会認定品」かどうかです。護身用品を検討するときは必ず認定品を選ぶように注意してください。